勤続年数が短いとカードローン審査に通らないのでしょうか?

MENU

勤続年数が短いとカードローン審査に通らないって本当?

 

カードローンやキャッシングの審査に申し込む際、今勤めている会社に何年勤務しているかは必ず申告しなければいけません。

 

何故カードローンに申し込むのに勤続年数を申告をしなければいけないのか?と疑問に思う方も少なくないはずです。

 

今回は勤続年数とカードローンの審査の関係性について紹介していきたいと思います。

 

 

カードローンの審査では勤続年数が重視される

 

カードローンやキャッシングの審査では勤続年数はかなり重視されます。
1つの職場に長く勤めているほど審査では有利となる傾向にあります。

 

では何故、勤続年数は重視されるのでしょうか?
それは貸したお金を確実に返してもらいたいからです。

 

金融機関はお金を貸し付けて利息で収益を得ています。
ということは確実に元金と利息を返してもらわないことにはその分の儲けにならないわけです。

 

勤続年数がながければそれだけ継続した安定収入が入ってくるわけですから、そのような人に貸したほうが確実に返済してもらえて利益をえることが出来るといえます。

 

では逆に勤続年数が短いと何故審査は不利になるのでしょうか?
考えられることとしては勤続年数が短いと転職したり解雇される可能性が高いからです。

 

転職や解雇になれば継続的な収入はなくなり、一時的に収入は途絶えてしまいます。
そのような人は返済できないリスクが高いですから金融機関としては貸したくないのです。

 

 

勤続年数はどれぐらいあるとカードローン審査で有利?目安は?

 

勤続年数が長いほど審査は有利になると言われても具体的にどれぐらいあると良いのか分かりませんよね?
どれぐらいの年数勤めあげていれば審査を通過することが出来るのでしょうか?
カードローンの審査は勤続年数意外にもチェック項目は沢山あり総合的に判断するものです。

 

ですから○年以上あればOKと明確に答えることは難しいです。

 

ただ一般的には1年以上あると合格ラインと言われています。
実際にカードローンの審査に落ちてしまう人は勤続年数が1年未満の人が多いですから、最低でも1年以上はないとダメと見たほうが良いです。

 

中には半年以上1年未満でも審査通過できたという人はいますが、大手消費者金融や銀行ではほぼ無理なラインで、おそらくは中小の消費者金融であれば通過可能といったところです。

 

半年未満であれば先ず審査に通ることはないでしょう。
審査落ちした場合も信用情報には記録が残りますのでむやみに申込みしないほうが無難です。

 

 

カードローン審査での勤続年数の注意点

 

勤続年数のことで心配になる方は多いですが特に気をつけたいことがいくかあります。

 

まず勤続年数を間違えて申告することがないように気をつけましょう。
実は審査担当者は勤続年数はおおまかなくくりで見ているのでちょっとした違いであれば審査に影響しません。

 

3年以上勤務していて4年や5年と間違って申告する分にはさほど問題ありません。
逆に1年程度なのに3年や5年と言ったように明らかな間違いは絶対に止めましょう。

 

仮に間違って申告したとしても虚偽の申告と扱われてしまい審査落ちになります。

 

勤続年数が短い方に多いのが短期間に多くの申し込みをしてしまうことです。
不安になる気持ちは分かりますが、短期間に多くの申し込みをするのは自分の首を絞める用なものです。

 

金融業者からお金に困っていると思われてしまい、審査通過が難しくなります。
カードローンやキャッシングに申し込みすると、その客観的事実が信用情報記録されます。

 

これは審査を通過したか落ちたかに関係なく最低でも6ヶ月間記録が残ります。
その為、短期間に多くの申し込みをしたという事実は自分から言わなくても金融業者は分かっているのです。

 

勤続年数が1年未満の内は申し込んでも審査に通る可能性は低いです。
その場合は1年以上働いてから申し込むようにしましょう。


アイフル